ようこそ、平和を願う草の根グループえんどうまめへ 国際協力 環境 産直 音楽 旅などに興味のある方、お待ちしています。

4月29日バザーの報告

記事

南相馬市寺内第1仮設住宅集会所和みサロン「眞こころ」支援のご報告

 私たちは2000年に出会い、2006年から支援を続けているチェルノブイリ被曝者互助団体「ゼムリャキ」への支援と、新たに今年から、南相馬市寺内第一仮設住宅集会所の和みサロン「眞こころ」への支援を始めることになりました。「眞こころ」は集会所で毎日開かれているサロンで、そこでレクレーションやお茶の時間が企画されており、避難者のみなさんが孤立しないように、また心配事があれば相談して解決できるように運営されています。チェルノブイリ被曝者であり、プリピャチからキエフへの避難者であるオレクサンドル・スィロタさんの希望で3月中旬福島に同行した際、この「眞こころ」と出会いました。「眞こころ」が「ゼムリャキ」と同じ役目を果たしていることに驚き感動しました。「眞こころ」の担当者の松野美紀子さんも「ゼムリャキ」の代表のタマーラさんも、同じ被曝者・移住者でありながらも、同じ苦しみにあるみなさんのために献身しておられました。私たちは「ゼムリャキ」と「眞こころ」に末永くつながり、支え合って生きたいと願っています。
4月29日は「ゼムリャキ」と「眞こころ」を応援するバザーを行いました。餅つき・ねぎ焼き・うどん・筍飯・お抹茶・ティモール珈琲・手作りお菓子・石巻の物産品・遊休品を売り、収益は15万円でした。たくさんのみなさんのご協力に感謝申し上げます。

a:1805 t:7 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional